この度、日本イザイ協会と永田郁代さんの多大な尽力によりイザイ音楽祭ジャパン開催に至り、日本を訪問できることは私にとって大きな喜びです。                     ウジェーヌ・イザイの遺産がその死のほぼ90年後の現在にまで世界中の私たちの音楽に響き続けていることに畏敬の念を感じます。彼の音楽を通して、彼の教えを通して、彼の同時代の作曲家との共作を通して、響いているのです。

19世紀の最も並外れた2人のヴィルトゥオーゾ、ヴュータンとヴィエニャフスキの弟子であるイザイは、ヴァイオリニストとして彼らの跡を追っただけではなく、自らをして同時代の最も影響を受けた作曲家たちとの共同作業に取り組み、そしてそれゆえに私たちが知る今日のヴァイオリン奏法を生み出すことができたのです。

私はイザイ音楽祭に素晴らしい音楽家の方々が出演されることに大変感銘を受けています。変わることのない若々しい好奇心と熱意を持ち続けるビオラ奏者の今井信子さんは、長年私に多大なインスピレーションを与え続けてくださった特別な存在です。ドビュッシーの弦楽四重奏を共演する夢が実現します。とても感受性豊かな音楽家で素晴らしいピアニスト水本桂さんのイザイ音楽祭への貢献なしでは起こらなかったでしょう。長年の音楽仲間と、そして個性豊かな素晴らしい日本の音楽家たちと共演できることを心から光栄に思っております。           

2018年2月 パリにて   フィリップ・グラファン

it is a great joy to visit Japan thanks to the Ysaye Society of Japan and Mme Ikuyo Nagata.                I find it humbling that Almost nine decades after his death Eugene Ysaye 's legacy is still resonating within our musical community around the globe . Resonating thru his music ,thru his teaching and thru his collaborations with composers of his time .

A students of two of the most extraordinary virtuosos of the 19th century , Vieuxtemps and Wienawski , Ysaye did not only follow their paths as a violinist but made himself available to collaborate with some of the most inspired composers of his time , and in so doing invented the violin as we now know it today .
I am deeply honoured to be joined with such an impressive list of unique artists .
Not least Nobuko Imai , who 's eternal youthful curiosity and enthusiasm have been a profound inspiration to me for so many years,
and with whom the prospect of playing the Debussy quartet is simply a dream come true .
no less Katsura Mizumoto who is not only a most sensitive musician and a superb pianist but without whom this Tribute to Ysaye would not have happened. 

Philipp Graffin ,

Paris , february 2018.



このフェスティバルのリーダーをつとめるフィリップ・グラファンさんとは数十年来の付き合いで、国際的に活躍する真の音楽家として大変尊敬しています。また彼の天才的な独創力と、音楽と人に対する真摯な態度にいつも感動します。彼が日本でイザイのフェスティバルを始めるというのは画期的な事で、そのような機会を日本の聴衆の皆様と共有出来る事を私も大変嬉しく、楽しみにしております。     今井信子