主催:日本イザイ協会  Ysaye Society of Japan
共催:ベルギー王国大使館  Embassy of Belgium in Japan 


後援:在日フランス大使館   /   外務省    /  日本・ベルギー協会  /  福岡県

助成 :  [公財]日本室内楽振興財団 / [公財]ロームミュージックファンデーション

Message 

2018年はベルギーのヴァイオリン奏者で作曲家、またヴァイオリン奏法におけるベルギー楽派の第一人者として名高いウジェーヌ・イザイ(1858-1931)の生誕160年にあたります。イザイが残した偉大な功績はその弟子たちに伝えられ、今なお新しい世代の音楽家に影響を与え続けています。

生誕160周年を記念し、日本イザイ協会は、共催の在日ベルギー大使館とともに、「イザイ音楽祭ジャパン2018」を福岡(10月18日)と東京(20日)で開催いたします。この音楽祭は、2017年にベルギーで行われた「クノック・イザイ国際音楽祭」との綿密な連携と協力により準備され、ベルギー、フランス、そして日本より、トップレベルの音楽家を迎えて開催されます。

「イザイ音楽祭ジャパン2018」は、ベルギーと日本の文化による絆をさらに深める音楽イベントとなると確信しています。音楽を愛する多くの方々に、イザイの世界に親しみ、楽しんでいただけることを願っております。

ギュンテル・スレーワーゲン  駐日ベルギー大使


'18年10月18日(木):コンサート FFGホール(福岡銀行本店地下)/19時開演

'18年10月20日(土):コンサート 東京文化会館小ホール/19時15分開演


'18年10月22日(月):講演&パネルディスカッション 桐朋学園大学仙川キャンパス333教室/ 18時~

'18年10月23日(火): マスタークラス 東京藝術大学第1ホール/ 17時30分開場 



Message  音楽祭創設にあたって

 イザイ音楽祭ジャパン」は、ベルギーのイザイ国際音楽祭(Ysaye's Knokke)の姉妹音楽祭として2018年10月に東京と福岡で開催の運びとなりました。ベルギー王国大使館および在福岡ベルギー王国名誉領事館の深甚なるご理解とご支援をいただき、音楽監督フィリップ・グラファンはじめ世界的な日本人演奏家たち、芸術文化団体、音楽愛好家の方々の協働による音楽祭です。

 音楽には人の心を涵養する力があり、心豊かな人生を送るための社会づくりに大事な役割を担っています。音楽祭を通して、皆様の心を理解し、味わい、想像力を巡らせ、 心寄せ合い、 支え合って、共に成長していけるような「イザイ音楽祭ジャパン」であり続けたいと考えています。 

 巨匠ウジェーヌ・イザイ(1858~1931)の活躍した19世紀末から20世紀初頭は近代社会の変質期の時代でした。新しい芸術表現がヨーロッパで始まり、かけがえのない芸術的な価値を持つ作品が数多く生まれました。しかし、激動する時代の中で演奏する機会に恵まれず、歴史に埋もれたイザイの作品も少なくありません。2014年に世界初出版させて頂いたイザイ編曲版もそのひとつです。イザイの生誕160年に当たる2018年という節目の年に、無伴奏ヴァイオリン・ソナタ以外ほとんど知られていない日本で、イザイと深く関わる音楽を皆様にお届けできることは大きな喜びです。より多くの方々にイザイの世界に触れていただけるように願いつつ、日々の活動に精一杯努める所存です。

 御指導、御鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます                  

    

 日本イザイ協会会長  /  総合プロデュ―サー 永田郁代

                                           

                                                                                        


                    

   

べルギーの偉大なヴァイオリニスト、作曲家ウジェーヌ・イザイの音楽や生涯、関連ある音楽の研究、楽曲の演奏、研究者による講習会等をもって「イザイの音楽」並びにクラシック音楽の普及発展に 寄与することを目的として、非営利活動を行っています