c.Marco Borggreve
c.Marco Borggreve

VIOLA ヴィオラ  Nobuko Imai

東京生まれ。桐朋学園大学卒業、イェール大学大学院、ジュリアード音楽院を経て、1967年 ミュンヘン国際コンクール、1968年ジュネーヴ国際コンクールにそれぞれ最高位入賞。 1970年西ドイツ音楽功労賞を受賞。

 1990年ベルリン・フィル定期演奏会、同年小澤征爾サイトウ・キネン・オーケストラのソリストとしてザルツブルク音楽祭に出演など、世界の桧舞台で活躍を続けている。

 世界初演も数多く、コリン・デイヴィス指揮ロンドン響とマイケル・ティペットのトリプル・コンチェルト、フランス革命200年祭で、ケント・ナガノ指揮パリ管と武満徹のヴィオラ協奏曲<ア・ストリング・アラウンド・オータム>を世界初演している。室内楽活動も積極的に行っており、これまでにマルタ・アルゲリッチ、アンドラーシュ・シフ、ギドン・クレーメル、ミーシャ・マイスキー、ヨーヨー・マ、五嶋みどりらと共演。マールボロ、プラード・カザルス、ラヴィニア、ヴェルビエ等世界各地の音楽祭にも頻繁に招かれている。

 日本では、1987年より東京カザルスホールの音楽アドヴァイザーを務めたほか、1992年にカザルスホールでスタートし、紀尾井ホールを経て現在は上野学園 石橋メモリアルホールで開催されている<ヴィオラスペース>や、<カザルスホール・アンサンブル>などの企画・演奏に携わる。1995年から96年にかけて東京、ロンドン、ニューヨークの3都市にわたって開催された「インターナショナル・ヒンデミット・ヴィオラ・フェスティバル」では音楽監督をつとめ世界の注目を集めた。2000年には日蘭交流400周年を迎えたオランダと日本において数々のプロジェクトをプロデュース、2007年から2009年までは武生国際音楽祭の音楽アドヴァイザーをつとめた。このほか2009年よりスタートした日本初のヴィオラ単独の国際コンクール、東京国際ヴィオラコンクールでアドヴァイザーおよび審査委員長を努めるなど、常にヴィオラ界をリードする存在として、めざましい活躍を続けている。2011年4月より大阪ザ・フェニックスホール音楽アドバイザー。

2003年にはミケランジェロ弦楽四重奏団を結成し、同年10月にはアムステルダムのコンセルトヘボウにて、12月には日本でデビュー・コンサートを行う。ミケランジェロ弦楽四重奏団はこれまでにウィグモア・ホール(ロンドン)、カーネギー・ホール(ニューヨーク)、ブーレーズ・ザール(ベルリン)、シャンゼリゼ劇場(パリ)など世界の主要ホールに出演しており、2015年から2016年にかけては東京・王子ホールでベートーヴェンの弦楽四重奏曲の全曲演奏会を行い好評を博した。

レコーディングはフィリップス、BIS、ドイツ・グラモフォン等から40以上のCDをリリース。著書に「憧れ ヴィオラとともに」(春秋社)がある。

 1993年エイボン女性芸術賞ならびに文化庁芸術選奨文部大臣賞、1994年京都音楽賞、1995年モービル音楽賞、1996年には毎日芸術賞とサントリー音楽賞を受賞。2003年4月に紫綬褒章を、2013年4月に旭日小綬章を受章。

スイス在住。アムステルダム音楽院、クロンベルク・アカデミー、ソフィア王妃高等音楽院各教授。上野学園大学特任教授。北京中央音楽院客員教授。

With her exceptional talent, musical integrity, and charisma, Nobuko Imai is considered to be one of the most outstanding violist of our time.

After finishing her studies at the Toho School of Music, Yale University and the Juilliard School, she won the highest prizes at both the prestigious international competition in Munich and Geneva.

Formerly a member of the esteemed Vermeer Quartet, Ms. Imai combines a distinguished international solo career with various teaching commitments. She has appeared with numerous wolrd's prestigious orchestras including the Berlin Philharmonic, the Royal Concertgebouw, the London Symphony, and the Chicago Symphony. As a keen chmaber musician, Ms. Imai has performed with various prominent artists such as Gidon Kremer, Midori, Isaac Stern, Mischa Maisky, and Martha Argerich. In 2003, she formed the Michelangelo Quartet. The quartet gained the international reputation quickly and now became one of finest quartets in the world. Ms. Imai has dedicated a large part of her artistic activities to explore the diverse potential of the viola.

She returns to Japan several times a year, to perform as soloist and notably for the annual "Viola Space" project. In 1995/1996 Nobuko Imai was artistic director of three Hindemith Festivals at the Wigmore Hall in London, at Columbia University in New York and at the Casals Hall in Tokyo. In 2009 she founded The Tokyo International Viola Competition, the first international competition in Japan exclusively for viola. An impressive discography of over 40 CDs shows her recordings for BIS, Chandos, Hyperion, Philips, Sony among others. Ms. Imai taught as a Professor at the Detmold Academy of Music from 1983 to 2003 and at the Geneva University of Music from 2003 to June 2014. She currently teaches at Amsterdam Conservatory, Kronberg International Academy, Queen Sofia College of Music in Madrid and Ueno Gakuen University in Tokyo.

YouTube AMATI Channel

UNIVERSAL CLASSICS

Michelangelo Quartet Web Site